【どうぶつの森プレイ日記6】こどもの日、鯉のぼりを見に

何度も書くけど『どうぶつの森』シリーズのもっともステキなところは、ゲーム内時間が現実の日付とリンクして、バーチャルな世界でも祝日や記念日を祝えることにある。村に住むどうぶつたちも、それに合わせた格好をしていたり、会話の端々にアニバーサリーを匂わせることを言ってくれたりするので、こんなにアニメチックな絵柄の世界でも、十分に記念日を堪能することができるのである。

ひな祭り

5月5日と言えば……鯉のぼり!

さて、そういう意味では、4月の終わりから5月初旬にかけてのゴールデンウィークは、さながら“記念日ラッシュ”とも言うべき賑やかな季節となる。とくに今年は新元号“令和”の時代が始まるタイミングということもあって、“特別感”は例年以上のものがありました。実際、史上初の10連休になってたしな(ウチの会社は違うけど^^;)

なので……じつはちょっと期待をしていたんです。

「もしかしたら……『どうぶつの森』の世界でも、令和のスタートをお祝いしたりしてるんじゃね!!?

ってね。

というわけで、ちょっとドキドキ、かなりワクワクしながら『とびだせ どうぶつの森』にログインし、我が村“アクミュー村”に降り立って住人に話し掛けると……!!

ヘンな夢

どんな夢見とんねん!!!(怒)

残念ながら、令和っぽいものはとくに見当たらなかったです^^;(当たり前か) なので、“ザ・祝日”とも言うべき5月5日まで待ち、再度ログインしてみました。そしたら……!

こどもの日1
こどもの日2

やった~~~! こどもの日だ~~~~!!

こどもの日を記念して置かれていたのは、鯉のぼりの顔出しパネル。さりげない設置物だけど、これだけで祝日感がアップするから不思議ですなw

こどもの日3
こどもの日4

このパネルを見て、俺は1日だけ故郷の群馬に帰省した日のことを思い出した

行ったのはこどもの日よりも前の4月末だったんだけど、すでに田舎は祝日モードで、川では名物の“大量鯉のぼり”が気持ちよさそうに泳いでいたよw

群馬の鯉のぼり1
群馬の鯉のぼり2

青空と森の緑、そしてはためく鯉のぼりを見て、俺は静かに『どうぶつの森』の風景を思い浮かべていた。こうやって、“ぶつ森な景色”を探して旅に行くのも、なかなかオツだなと思いましたとさ。

おしまい。