【どうぶつの森プレイ日記2】行方不明の村長、帰還すw

さて、新たにニンテンドー3DSの『とびだせ どうぶつの森』のプレイ日記を書いていくことになったわけだが、さっそく問題が浮上してしまった。それは……。

「プレイするも何も……まずはニンテンドー3DSを探すところから始めねばならぬ。よしんば見つかったとしても、ソフトを持っているかどうか定かではない!!!

俺の言に、自称“ぶつ森の鬼”である同僚のたっちーが噛み付く。

はあ!? 何をたるんだこと言っとるねんキサマ!! 曲がりなりにも、ゲームでおまんま食べてるんやろ!! あの神ゲー、ニンテンドー3DSの『どうぶつの森』の所在がわからぬとは何事や!!!」

ゲームのことで、たっちーがここまで激高するのは珍しい。プリプリしたまま、彼女は続ける。

わしなんて、ずっと遊び続けてるんやで。そう……“殿堂”で昼飯を食べていた時代からずっとな

思わず、俺の口から「あっ!!!」という叫びが漏れた。

“殿堂”というのは、かつて俺とたっちーが所属していたエンターブレインという会社の社員食堂のことだ。靖国神社にほど近い場所に社屋があり、じつに静かで仕事もしやすい環境にあったのだが、いかんせんまわりに飲食店が少なく(壊滅状態と言ってよかった)、昼飯を食べるのにたいそう苦労していたのである。

そんなとき、我々の胃袋を満たしてくれたのが社員食堂の殿堂であった。

俺はいつもファミ通Appの中目黒目黒と飯を食いながら、さまざまな情報交換をしたり、“熱血パズドラ部”の企画を練ったりしていたのだが、同じ時間にたっちーも、自分の部署の女子たちと飯を食っていたのである。それがまあ、女三人寄れば姦しい……の例え通り賑やかなことこの上なく、遠く離れた席にいても、

「きゃははははは!!! やっばーーー!!www」

「えー! ちょーかわいいーーー!!!www」

なんて声が耳に飛び込んできていたのだ。

しかしある時期、たっちー軍団の3人の女子が、やたらと静かにニンテンドー3DSに向き合っているときがあった。俺はてっきり、

(モンハンでもやってんのかな?)

なんて思っていたんだけど、じつはこのときに彼女たちは、

『とびだせ どうぶつの森』にめちゃくちゃハマっててん! いい加減、アイドル話とかに付き合うのも疲れてきたときだったので、ちょうどよかったわwww」

とのことなのだ。殿堂にいるあいだ、ひたすらカチャカチャとニンテンドー3DSをいじくっていたので、たっちーがドヤ顔をする“ぶつ森の鬼”という表現も、あながちウソではなさそうである。

なので、俺は聞きました。

「とりあえず俺はニンテンドー3DSを探し、ソフトはなければ購入することにする。オメーはそれだけエラそうに言うんだから、キチンと持っているんだよな?」

言われたたっちー、余裕の表情で「ふんっ!」と言った。

「当たり前や!! 明日、会社に持ってくるからな!! キサマも何とかするんやで!!!」

俺は「ハイハイ」と言いながら自宅に戻り、必死こいてニンテンドー3DSをゲーム棚から発掘した。けっきょくソフトはなかったので、新品を量販店で購入し、ワクワクしながら出社したのでありました。



しばらくすると、たっちーが出社してきた。すぐに、俺は言った。

『とびだせ どうぶつの森』、買ってきたで!! さっそく遊ぼうかと思って!!」

たっちーが破顔した。

おおお!!! やってやったな!!! そういうわしも、ニンテンドー3DSを持ってきたぞ! ソフトはDL版だったので隙なしや!!

そして、ε=ε=ε=(・ω´・#) とさらに鼻息を荒くし、

「さあ、やるで~~~!! 遊び続けたわしの村を見て、驚くなよ~~~!!

と豪語。俺も素直に、「ちと、楽しみだw 勉強させてもらいますw」と言って、たっちーが起動した『どうぶつの森』の画面を見つめた。

すると……!!!

5年ぶりの帰村w
行方不明だった村長

あまりにもあんまりなメッセージを見て、俺は椅子から転げ落ちた。

5年ぶりじゃねえか!!!!wwww どうぶつさんが戸惑ってるやんけ!!!!wwww なーにが“ぶつ森”の鬼だ!!!ww 行方不明者扱いされてるぞ!!!www 確かに驚いたわ!!!ww

行方不明だった村長・たっちーは、

|;・`ω・)y-…………………

↑この顔のまま固まってしまい、そっとニンテンドー3DSの蓋を閉じたのだった……w

こんなふたりで、まったりと遊んでいこうと思います^^;