【あつまれどうぶつの森 攻略プレイ日記 第29回】博物館でできること一覧!

【あつ森】博物館でできること一覧!

 

ふつうにやってりゃ誰でもわかる『あつまれ どうぶつの森』のポイントを、おもしろおかしくユルユルと綴る攻略プレイ日記、第29回目は……“博物館でできること一覧”です!

博物館

うわーーーー!!ww 行きゃわかるーーーー!!!www

博物館が完成したら

『どうぶつの森』シリーズではおなじみのキャラ、フクロウの“フータ”が切り盛りするのが“博物館”だ。島にオープンするまでの流れは、ぜひ以下の記事で確認してほしい。

ここでは、博物館でできることをかいつまんで解説するぞ。

博物館でできること

大まかに、博物館でできることは以下の4つだ。

博物館

・寄贈する

博物館

島で入手した魚や虫、化石などを、博物館に寄贈することができるぞ。寄贈したものは展示品となり、博物館の中に飾られることとなる。

・かせきの鑑定

博物館

毎日、島の地面に★印がついている場所がある。ここを掘って出てくるのが“かせき”(化石)だ。

博物館

掘ったばかりの化石は正体がわからないのだが、これをフータが鑑定してくれるのである。化石はたいがい高値で売れるが、寄贈するとそれは見事に博物館内に展示されるので、積極的に収めていきたいところだ。

・生き物や化石の解説が聞ける

博物館

フータに話し掛けると出てくるメニューの中から“コレって何?”を選ぶと、手持ちの生き物や化石の解説を聞くことができるぞ。

・展示品を見ることができる

博物館

博物館の最大の魅力は、虫、魚、化石それぞれの雄大な展示を見られることだ!! 虫と魚は“行動展示”とも言うべき広いスペースでのびのびと飼育されているので、新規の生き物を寄贈したらすぐに見に行くといいかも!

魚ゾーン

博物館
博物館

虫ゾーン

博物館
博物館

化石ゾーン

博物館
博物館

関連施設記事一覧

施設一覧
案内所 博物館 タヌキ商店 仕立て屋
おすすめの記事